FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久「須賀君、あなたも大会に出場するのよ?」押し引き編

ダウンロード
咲でssを創ってみました。原作の雰囲気とか出せるようにできればと思っていますができてなかったらすみません(予防線)


京太郎「えっ?男子部員は俺しかいないのに・・・」
久「個人戦で出場するの。あなただって清澄の立派な部員なんだから」
京太郎「でも、雑用ばっかりで練習あまりやってませんよ」
久「ごめんなさいね、雑用させてばかりだったわ。これからはできる限り頼まないようにします。」
咲「京ちゃん、私も練習付き合うよ。」
優希「私もだじょ。タコスの恩はふかいじぇ!」
まこ「とはいえ点数計算も怪しいけえ、大会でいい成績を残すレベルにするには骨が折れるのう」
京太郎「ははは・・・」
和「私も何かできることがあるかもしれないので、良かったら。」
京太郎「おおお、みんなありがとう!!よし、がんばるぞ」
久「そうと決まれば今日から頑張るのよ。私は学生議会の仕事があるから、あとはよろしくね」
優希「早速打つじょー」

対局中(咲・和・優希・京太郎)
咲「優希ちゃんの起家だね」
和「ところで、須賀君は麻雀の経験は?」
京太郎「そうだなぁ、実際にこうやって打つのは初めてだな。ゲームでしかやったことないや」
和「ゲームでもオンライン麻雀だと他人と打つことができますよ」
京太郎「いや、そういうのじゃなくコンピューター相手」
咲「そういえば京ちゃんゲームしてたね」
京太郎「ああいうのだと上がれるときはちゃんと『ロン・ツモ』表示されるからな。でも実際こうやって打つと
     そういった機能がないからな。光るボタンもないし」
優希「ロン!タンピンドラドラ11600だじぇ。犬ぅ、もう6順目だじょ」
京太郎「うげ、もう張ってたのかよ。しかも高い」
優希「東場の私には気を付けるじぇ。負けたらタコスをおごるんだじょ」
京太郎「聞いてねーよ!!上がった後に言うなぁ!!」
優希「罰ゲームがないと早く成長できないじょ」
京太郎「ぐぬぬ・・・」

対局終了
和「結局優希だけがあがって」
咲「京ちゃんだけが放銃して」
優希「東一局で終了だじぇ。犬ぅここまで弱いとは・・・」
京太郎「くそお!!あがろうと頑張っても放銃しちまうんだよぉ!!」
まこ「これは運が悪いじゃすまされないレベルじゃのう」
和「須賀君、コンピューター相手とは勝手が違うんですよ。これからはオンライン麻雀をプレイしてください」
優希「早く罰ゲームのタコスを買ってくるんだじぇ!!」
和「優希、須賀君は1分でも長く麻雀を打つ時間が必要です。タコスは後にしてください」
優希「タコスぅ・・」
和「さあ、次の半荘に入りますよ」

幾半荘が経過して・・・
和「もう下校時刻になってしまいましたか」
咲「今日もたくさん打ったね」
優希「でも犬があがったのは片手で数えられるくらいだじょ」
まこ「しかもオーラスでのラス確あがりとか、和の跳満聴牌に危険牌を押しまくっての喰いタンのみとか・・・」
京太郎「うぅ・・・言葉もでねぇ」
咲「でも京ちゃん、気落ちしないで。チョンボしなかったじゃん」
和「確かに。人と打つのが初めてだと緊張してあがってもフリテンだったり役がなかったりする人が多いのですが、
  須賀君は役も理解していましたし」
京太郎「役は覚えているしフリテンについても解ってる」
咲「京ちゃん、明日は頑張ろう!!」
京太郎「おう!!今日は早く家に帰ってオンライン麻雀でも特訓だ!!」
優希「待てえ犬ぅ!!罰ゲームを忘れるなぁ!!」
京太郎「うげっ」

次の日 部室
久「あれからどうだったの?」
京太郎「どうも何もボロボロでしたよ」
咲「でも京ちゃんはもっと強くなれると思います!!」
和「役も理解してますし、チョンボもしませんでしたし」
久「そう。じゃあ須賀君、麻雀で重要なことって何かわかるかしら?」
京太郎「ええと・・・運ですかね?」
久「そうね、正解だわ。だけど正解はこれだけじゃないの。麻雀で重要なのは運とそうあと押し引きよ」
京太郎「押し引き?」
久「そうよ。簡単に言えばあがりに向かうのが押し、降りるのが引き」
まこ「あがれると思ったら押し、あがれないと思ったら引くんじゃ」
咲「京ちゃんは押し引きのバランスが悪いんだよ」
和「須賀君は押しが強すぎるように思います」
久「須賀君、麻雀の1局は一つのゴールを目指して4人で戦うのよ。単純に考えてあがれる確率は25パーセント」
まこ「だから時には引くことも大切なんじゃけえ」
京太郎「そうなんですか・・・」
久「須賀君、押し引きの基準は聴牌速度・あがりやすさ・得点の高さよ。この中のうち2つにおいて自分がいいと思ったら押すべきだわ」
京太郎「つまり逆に言えばそれを満たせなかったら引くと」
久「そんな単純なものでもないけれど、とにかく押し引きは麻雀を打つことでしか覚えられないわ。私が見ててあげるから、
優希が来るまでまこ・咲・和と打ちなさい」
咲「京ちゃん、部長の言ったこと、すごく重要だからしっかり覚えるんだよ」

対局中(京太郎・まこ・咲・和) ドラ8s
まこ「リーチじゃ」
京太郎手牌
77899m22399p123s
京太郎(手牌にドラもねーし、2シャンテン。染谷先輩は直前にドラを切っている。どうしようか・・・)
京太郎8sツモ
京太郎(あまり使えそうにもない8sだ。切ろう)8s切り
次順1pツモ
京太郎(おお、純チャン1ペーコー確定。押してみるか)2p切り
まこ「ロン。メンタンピン3900じゃ」
京太郎「はあ・・・」
久「それでいいのよ須賀君。押して正解だわ」
まこ「どれどれ・・・まあこの手牌だったらしょうがないのう」
和「私も降りれないですね」
咲「よかったじゃん、部長に褒められたよ!」

次局(親京太郎)ドラ4m
4順目
京太郎手牌
345m11677889p南西
南ツモ
京太郎(誰もリーチかけてない。打点は低いけど南は出そうだからリーチだ)
京太郎「リーチです」西切り
咲「困ったなあ。京ちゃん親だし」西切り
和「速いのでヒントになりそうな捨て牌もありません」1s切り
まこ「わからんのう」北切り

3順後
咲「もう現物がないよお」南切り
京太郎「ロン!!裏はなしか・・・部長、何点ですか?」
久「3900よ。点数計算も早く覚えてほしいわね」
京太郎「すいません」

半荘終了(1和2京太郎3まこ4咲)
咲「京ちゃん2着だよ。すごい」
和「今の半荘は良かったと思います」
まこ「惜しかった、最後の満貫をあがれればまくってたのに」
京太郎「初めて2着をとれた」
久「須賀君、押し引きを意識するだけでも麻雀の打ち方は格段に良くなるのよ。」
京太郎「そうですね!!」
咲「京ちゃん、この調子で頑張ってね!!」
久「次は点数計算ね。こちらもしっかりできるようになさい」

久「須賀君、あなたも大会に出場するのよ?」押し引き編終了 点数計算編に続く

おまけ
優希「日直の仕事で遅くなったじぇー」
久「須賀君が今の半荘で2着をとったのよ」
優希「罰ゲームのおかげだじぇ」
京太郎「ちげーよ!!ただ今日の俺は昨日と違うぜ」
久「優希、まこと代わって打ってみなさい」
優希「ほう、犬なんか一ひねりだじぇ!!」

対局中
優希「ツモ!4000オール!」
優希「ツモ!!4100オール!!」
優希「ロンだじぇ!!!18600!!!京太郎のとび終了だじぇ。犬ぅ、さっきはなんか言ってたじょ?」
京太郎「」
和「押し引きをする前におわってしまいましたね」
咲「東場の優希ちゃんは速いし高いよね」
京太郎「やっぱ麻雀って運だわ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同ポンドラ12

Author:同ポンドラ12
麻雀好きです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。